カラー・テクニック

チラシデザインに取り組む際のカラー選びは、商品のコンセプトやチラシのテーマを伝達する上で、見る側のイメージに大きな影響力を発揮します。色彩のもつ、影響力を少しでも見知っていれば、魅力的なチラシデザインにつながるのではないでしょうか?色彩選びのカラー・テクニック皆さんのチラシデザインのヒントにお役立て頂ければと思います。色彩とは、単体で配色する場合と、2色、3色と、複数の組み合わせで表現される時では、同じ色であっても、見る側に与えるイメージというものが大きく変わる事があるのです。たとえば、真っ黒な紙が1枚あるイメージと、真っ黒な紙の半分が「黒」、もう半分が「黄色」である時の「黒」のイメージは大きく異なりますよね?「色彩」とは、色の持つ表現力の組み合わせで、様々なメッセージを見る側に届けてくれるのです。もし、皆さんが、チラシデザインにおいて、様々なカラーバリエーションを学びたいと考えているのであれば、日常から、色彩の組み合わせによるイメージ磨きをしておくと良いと思います。簡単に述べるとすると、「明るい」「暗い」このように対比する、色のイメージのカラーブックを作成しておく事です。「温かい」「冷たい」、「悲しい」「楽しい」、「女の子」「男の子」、「女性」「男性」など、面白い事に、色のイメージとは、十人十色なのですが、共通点もそこにはあるものなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*