鮮度を訴求するコトバ

チラシは、常に鮮度がなければ消費者に見てもらえません。週あるいは月単位で鮮度を演出することが、安定的な集客につながってきます。そして鮮度に関しては、商品の掲載だけではなく、コトバの演出も重要なポイントになってきます。

「新鮮性」のコトバの仕掛け

生鮮、生菓子、製パンのような商品は、コトバで新鮮さを演出することで集客効果が生まれます。産地直送が決して物珍しくはない時代にはなっていますが、消費者には新鮮なものを食べたいという根強い欲 求があります。それを表すコトバは無意識で見させる効果があるのです。

「話題性」のコトバの仕掛け

和菓子屋さんでは、3月になると「旬」を強調して「旬さくら餅」といったように月替わりにクーポン券チラシを折込みしているところが結構あります。チラシに載った商品は、必ずといってよいほど月ナンバーワンの売れ個数になります。「旬」というのは、「試しに食べてみたい」という消費者の心をくすぐる効果があり、目を引くコトパなのです。 話題性のコトバを入れることで、消費者の「少し試してみようか」という心をくすぐることができるのです。その効果が、商品集客アップにつながります。このように「新鮮性」「話題性」のコトバを巧みに使いこなすことにより、商品を「輝かす」ことができます。 それにより消費者の目にとまり、集客効果も生まれてくるのです。