コンセプトの共感で集客

◇女性の集客には「カルチャーの共感」を重視

女性を対象としている美容室、エステ、スパ等のビジネスは、ただサービスを訴求しても、チラシで集客することはできません。これらのようなビジネスは、店が発信するカルチャー(文化)が、消費者に共感されることに重点を置かなくてはなりません。それには、最低2つの要素を伝える演出が必要です。

◇対象コンセプトの演出

女性をターゲットにするビジネスの場合、「対象」を伝える演出として、モデル演出が欠かせません。女性を集客するのであれば、まず、「どんな女性に来てもらいたいのか」という対象をはっきりさせなくてはならないのです。

◇店コンセプトの演出

美容室のような業種では、サービスや料金は店ごとにそれほど変わるわけではありません。このようなビジネスの場合、店の伝えたいカルチャー文化を伝えることで、消費者に共感してもらう「店コンセプト」が重要です。
そして、「どんな思い」「どんな考え」で店を運営しているかというコンセプトの説明が大事なのです。それにより、やっと理解が生まれて、共感につながるのです。
女性ビジネスで集客するには、店がサービスを通じてカルチャー(文化)を伝えていかなくてはなりません。それには、「対象」を明確にして、「店コンセプト」を理解してもらい共感を得ることが不可欠なのです。